読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカダ生活

イントネーションは“野菜生活”

断捨離のきっかけの話

 

どうも、電車から見える桜に

目を奪われる日々を送っています🌸

オカダです。

 

今日はミニマリストを志すきっかけ、

断捨離しようと思い立った時のはなし。

 

 

もともと断捨離って言葉は知っていたけど、

本格的にやり始めたのは去年の秋頃。

 

そういえばきっかけは

大学4年生だった去年の夏

 

f:id:oka-life:20170414094903j:image

 

コレだったなと。

 

アグネスティーナの私物の飾り方。

 

これをみて、

「自分のものもこんな風に置きたい」

と思って断捨離はじめたんだったなぁとおもいだしたのです。

 

今見ると、アグネスティーナ

時計たくさんもってるじゃん!

 

とも思うのですが、当時は衝撃だったんです。

 

 

バックパックで旅をしていると5〜6kgの荷物で何週間も過ごせるのに、日本帰ったら持ち運べないぐらいものに溢れた部屋に住んでる。物が多いことや豊かさってなんだろう?

と、アジアとか旅して帰ってくるたび疑問に思ってました。

 

その解決の活路を、アグネスティーナに教わったなと思うのです🤔

 

 

ちなみにアグネスティーナは南米某国の政府の高官だった方。それなのに、生前暮らしていた家は驚くほどシンプル。

質素な家具のなかに、重厚な勲章🎖やシンプルだけど品のいいピアスとネックレスのセットがあったりして、このギャップもこれまたストライクでした。

 

オカダも基本はシンプル、こだわるものはこだわるのメリハリのあるライフスタイルが理想なので、ほんと、どストライクな空間に出会ったんだと改めて思うのです。

 

南米某国から帰国したあとに、日本で断捨離のモチベーションあげるために調べてて出会ったのがミニマリズムです🙆

 

合理的な物事と身軽さを愛するオカダにはどストライク🙆

 

まだまだヒヨッコ断捨離マンですが、自分に生き易いライフスタイルを知れてラッキーでハッピーだなと思うのです🙆

 

もっと身軽に生きたいなぁ、

とおもうのです。

 

おわり。