オカダ生活

イントネーションは“野菜生活”

無印デザイナーの深澤直人展、行ってきた

 

どうも、きょうはミニマリストしぶ

(twitter @SIBU__)さんと遊んできたよ🙆

 

行き先は新橋駅からすぐ、パナソニック汐留ミュージアムの「深澤直人がデザインする生活の周囲展」(略して深澤直人展)へ⭐️

 

f:id:oka-life:20170812230337j:image

 

期間は7/8〜10/1、一般は1000円。

館内は自由に写真撮影が出来ました🙆

 

 深澤直人さん?

ってひとのために解説すると、

無印良品のデザイナーさんです!

(ざっくり)

 

 

まぁみてや

 

 

f:id:oka-life:20170813075248j:image

 

f:id:oka-life:20170813075300j:image

 

f:id:oka-life:20170813075315j:image

 

はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

美しすぎる 〝余白〟

 

 

深澤さんの半生を追った映像が会場で流れてたんだけど、デザインって何だと思いますか?みたいな質問に「そこにあると、なんかいい雰囲気なもの」 、みたいなお答えをされてて、今回デザイン以上に好きになったのがその柔らかなワードチョイス⭐️

 

例えばこの椅子だと作品の説明に

 

f:id:oka-life:20170813075603j:image

 

「ヌメ革の椅子はイタリアらしい。

ローマの空港でヌメ革の椅子だったのをみて

「あー、イタリアだ」と感動したことを思い出す。」

 

 

とか、

 

f:id:oka-life:20170813075826j:image

 

「曲げた太いパイプが好きなんだ。

それにあわせて座をデザインしたと行ってもいい。

先に脚の形が思いついた。

脚の先も丸めた。

座の下の曲げたパイプの部分が

少し見えたほうがいいと思った」 

 

とか、

 

 ロジカルに固い言葉で説明するんじゃなくて、作文みたいな、日記みたいな、すごく嫋やかな文面だなと思ったのです。

 

f:id:oka-life:20170813080436j:image

(イッセイミヤケの数字のない時計、可愛い。ほしい。12角なところが利便性も兼ね備えていてサイコウ)

 

 f:id:oka-life:20170813080400j:image

 (これ流行ったよね)

 

f:id:oka-life:20170813075228j:image

 (この椅子も、座面が緩やかに下がってるからフィット感高そうだし、座面が広いから緩っと身体を崩してもフィットしそう。色も曲線の佇まいも、美しい)

 

 

f:id:oka-life:20170813080807j:image

 

文体やワードチョイスと同じく、

シンプルで洗礼された雰囲気のなかに

柔らかな曲線があるのがイイなとおもったよ。

 

シンプルなデザインってどうしても

直線的で固く鋭いイメージがあるけど、

それをかんじさせずにシンプルであるってすごいよね🙆

 

 

f:id:oka-life:20170813080332j:image

 

 

うーん、美しい🙆

 

やっぱりどんなものでもぎゅーぎゅー詰めにされてると美しくないね。

 

自分の部屋も、ものがもつ

いい雰囲気

が最大限発揮されるお部屋にしたい。

 

 

さぁ、断捨離だ。(決意)